北海道へは国内格安航空券のエアーズゲートで空席をチェック!
往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地

2008年01月02日

フランスの三ツ星レストランがザ・ウィンザーホテル洞爺に!

何故ミシェル・ブラスはザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパを選んだのでしょう?

ミシェル・ブラス-Michel Bras-さんは1946年生まれのフランス人シェフで、フランス中南部オーブラック(l'Aubrac)地方で「ミシェル・ブラス」というオーベルジュを経営している人です。
そのミシェル・ブラスがあまたあるフランスのレストランの中で数少ない三ツ星に君臨しているという近寄りがたい存在であったのに、何故本店以外で始めて店を出したのがザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパだったのかは非常に興味深いですね。

まず本店のミシェル・ブラスから探ってみようと思います。
パリから約550km南下したオーブラックはミシェル・ブラスのレストランのほかにナイフで有名な町でもあります。
ここでは一生に一本マイナイフを持ち、ずっと手入れして丁寧に使い込んでいくそうです。
なるほど、それでミシェル・ブラス トーヤ ジャポンでもその風習に倣って、コース料理を通して同じナイフでお楽しみ下さい、のようなことが書いてあるのですね!
ちなみにこのナイフ、テーブルに吸い付くようにどっしりと安定良く、お皿に載せた時にもふらふらすべることもなくて、ずっしりと手に吸い付くような心地よい重さと持ちやすさがあり大変気に入りました。
お土産に・・・と後程ショップを見てみたら1本3万弱くらいしました!!
まぁ、一生使うことを考えると高くも無いかな??

5.gif

ミシェル・ブラスが他の名だたる料理人と比べてユニークなのは、彼がどこそこの有名レストランで修行した、とかいう経歴がないこと。
素晴らしいですね!それでも立派に三ツ星取れるのですね!!!
彼は自分の土地を愛し、母親のオーベルジュ「ルーマズック」を手伝うところから料理人人生が始まったとのこと。
地元の上質で素朴な食材を用い、自然から料理を創造する芸術家&料理人にとって、北海道の自然の恵みたっぷりの食材と、小高い岡の上にそびえ立つザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパは、どこか故郷オーブラックの高原を思い出させたのではないでしょうか。
それにしても一度本家フランスにも行って見たいですね〜。
洞爺湖よりはるかに遠いですが・・・(笑)
☆ミシェル・ブラスWEBサイト



posted by toyako at 21:39| フランスのミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
北海道へは国内格安航空券のエアーズゲートで空席をチェック!
往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。