北海道へは国内格安航空券のエアーズゲートで空席をチェック!
往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地

2008年04月22日

「ミシェル・ブラストーヤジャポン」料理長マックで暴れて逮捕

今月19日、サミットもまもなく開かれようという時になって、衝撃的なニュースでしたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000070-sph-soci

しかもいろいろな意味で興味深いといというか、情けないというか…。

まず暴行事件の発端となったのがマックのバーベキューソース。
これを勝手に取ったミシェル・ブラスの料理長がマックの従業員に注意されかっとなって殴ってしまったらしい。

しかもその時間が朝10時前、場所は札幌。

ご存知の通りザ・ウィンザーホテル洞爺があるのは札幌から南西に2時間くらい言ったところなので、朝10時前に札幌にいようと思ったら8時前にはホテルを出なくてはなりませんね。

まぁ、人にはいろいろなライフスタイルがあるとは思いますが、事件が起こった19日は土曜日で、おそらく金曜日には満席の仕事があったのだろうし、そして土曜日には間違えなく満席のランチが待っていると思われるのに、10時にマックに総料理長がいてもよいのでしょうか???

ミシェル・ブラスは各国の首脳接待に使われる予定らしいですが、この人に任せておいてよいかどうか日本国中で不安に思っていると思います。

サミット開催時はフランス本国からミシェル・ブラスさんも駆けつけるらしいので、今回の容疑者は総責任者ではないらしいですが・・・。

普段ミシェル・ブラスのまかないなど食べているとマックがたまには食べたくなるのかもしれませんが、ミシェル・ブラスとマックが余りにも対照的ですね。

なんとかサミットまでには体制を建て直しこれ以上恥を書かないでほしいですね。





posted by toyako at 18:15| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

メインの牛フィレ肉にはトリュフソース付き

すでにメインに行き着くまでに、目でも楽しみお腹でも楽しみ、おまけにカイザーのパンが美味しいのでついつい食べ過ぎてしまい、個人的にはメインの前にすでにいっぱいいっぱいになってしまいました(笑)

フランスのミシェル・ブラスがあるラギオールは、牛の名産地だそうで、おまけにメイン料理ですしかなりのこだわりがくるのか。。。と思いきや意外とあっさりの盛り付けでお肉もちょこっとかわいらしくのっています。

dish4.JPG

☆牛ヒレ肉のロティ、青梗菜の葉と茎、フランス産黒トリュフの香を付けたジュ


お肉自体はレアですが、周りをロティして焼いてあるため、結構きゅっと小さくなっているというか、とろけるお肉と言う感じではなく食べ応え&噛みごたえがある感じでした。

メインでの感動はフランス産黒トリュフの香りをつけたソースです。
これは素晴らしいです!
普通のグレードの牛肉でもこのソースをかければたちまちのうちに高級お肉になること間違い無しです!
こういうソースが成城石井とかで売っていたら是非買ってみたいと思います^^(売ってないか・・・)
posted by toyako at 20:37| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ガルグイユの最後の仕上げは・・・?

前回に続いてまたまたガルグイユネタですが、現在はほとんど入手困難となってしまった高級本「ミシェル・ブラの世界」をみていたら、野菜を丁寧に処理して下湯でした後、単にソースを掛けているのではないことが発覚しました(え?あたりまえですか?)



ここからは芝田書店の
//////////////////////
自然と生きる料理人
ミシェル・ブラの世界
ミシェル・ブラ/アラン・ブーディエ/クリスチャン・ミヨ 著
//////////////////////
から抜粋させていただきます。とても文章が美しいのでそのまま掲載させていただきます。
(尚、本では写真付きでも解説しています)

//////////////////////////////////////////////////
仕上げ:
バター、生ハム、加熱した野菜、生の野菜、野草、フィヌ・ゼルブ、風味付けの香油ときのこ

ソトゥーズに地元で作ったハムをいれ、リソレする。脂を捨て、ブイヨン・ド・レギュームでデグラッセする。クルミ大のバターを加えるとハムから出た肉汁と混ざり、混濁してくる。ここに野菜を入れて転がし、温める。
野菜に<生命>を与えるかのように、ダイナミックに盛る。
最後に春のフィヌ・ゼルブ(エストラゴン、パセリ、師ブール、シブレットなど)、野菜(パンプネル、アシレ、タミエなど)、種子のもやしを<咲かせる>。そして風味づけの香油ときのこで一筆遊ぶ。
//////////////////////////////////////////////////


ちょこっと解説:
ソトゥーズ:縁が若干外側に広がっている浅い片手鍋
リソレ:rissoler 肉のを強火でしっかり焼き、焼き色をつけること
ブイヨン・ド・レギューム:野菜のブイヨン、野菜のスープ
デグラッセ:鍋のまわりにこびりついたものをはがし、煮詰めること

なるほど、それでハムのお味がお野菜にしっかり絡まっていたのですね!
野菜30種類セットとか売っていたらちょっと作ってみたいですね。
でも1つずつゆでるのは根気がいりそうですね(汗)

posted by toyako at 13:00| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシェル・ブラスといえば「ガルグイユ」

ミシェル・ブラスと言えばガルグイユ。 ガルグイユといえばミシェル・ブラスとほとんど彼の代名詞のようになっているこの料理。
ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの宿泊客でもこのガルグイユを目指してくる方も多いのでは?

約30種類の野草やハーブなどをそれぞれ調理したものを、皿に盛りつけ、まるで一つ絵のような芸術作品として自然を表現しています。
運ばれてきてまず驚くのが、なんともみずみずしく輝く野菜たち!
本当に光っているんです。
私は野菜が大好きですが、おそらく野菜が嫌いな人でもガルグイユから「美味しいよ〜、食べて、食べて!」とかわいい顔で言われたら抗えないでしょう(笑)


ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパに出向く前、写真を見る限り生の野菜と勘違いしていたのですが、ほとんどの野菜は煮てあったようです。
野菜の一つ一つを丁寧に調理師、手間隙掛けてその良さを最大限に引き出す事で、野菜本来の魅力に気が付かせてくれるような一品でした。

posted by toyako at 10:58| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

幻の本「ミシェル・ブラの世界―自然と生きる料理人」を借りる

ミシェル・ブラスが本を出している発見し購入しようとしてまずその価格にびっくり!

アマゾンでみたら中古でなんと4万円!

なんじゃ〜そりゃ〜???

しかしその後すぐにその理由がわかりました。
この本はすでに絶版だそうで、他のサイトでも売り切れでした(すべてチェックしたわけではありませんが)

もともとの値段は税込み15,291円で1993年10月に出版されています。
そういわれるとなお更読みたくなってしまい、だめもとで近所の図書館をネットで検索。
すっすると・・・

なんと見つけてしまいました!しかも在庫あり!!!

そして借りてきた本がこちらですヾ(@^▽^@)ノ
michel.jpg


すっごく重たくて大きくて、そして美しい本です!
ミシェル・ブラスの料理に対するこだわりが良く分かります。
レシピも惜しげなくたくさんついています。
(でも材料が変わったものが多いので入手できるかは疑問・・・)
似たような食材で作ってみますのでまたブログでお知らせします!




posted by toyako at 16:26| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

黒い板皿に美しく盛られるフォアグラ

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの目玉レストラン、ミシェル・ブラスのお料理紹介です。

美しいピンク色のフォアグラと、流れるようなソースとともに黒い板皿に盛り付けられた芸術作品!
フォアグラを調子にのって沢山食べるとその後の料理が続かなくなってしまった苦い経験があるのですが、ミシェル・ブラスでいただいたフォアグラはしっかりしているのですが、すぐに口の中でとろけてしまうのでなんだかあとくされがないというか、いくらでも食べられてしまう気にさせます。
このときは比較的まだお腹に余裕があったからかもしれませんヽ(=´▽`=)ノ

dish2.JPG

ところで、黒いお皿ってお家にありますか?
ウチにはないのですが、こんな板みたいなお皿1枚引き出物かなんかでもらったとしたらすごく嬉しいと思いません?
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンではスプーンにのった前菜やデザートにもこの黒い板皿が使われていますが、白系のお料理を乗せるととてもはえますね〜。
ナイフと一緒にこちらもミシェル・ブラス仕様とかいって販売していないか調べてみたけれども見つかりませんでした。
焼肉に使う溶岩版でしたっけ?あれよりももっとつるつる&さらさらしている感じで和っぽくはあるのだけれども洋ともうまく融合します。
posted by toyako at 14:28| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンのディナーその2

ミシェル・ブラスも料理が美味しいことはさることながら、ここのパンもかなり話題になっています。
メゾンカイザーというパン屋さんで東京でも8店舗展開していてそのうちの高輪が本店です。
よく買いに行きますが、いつも人でにぎわっています。(結構パンにしてはよいお値段です・・・)

☆メゾンカイザーMaisonKayserのWEBサイト

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンではパンはウィンザーホテルに入っているメゾンカイザーの特別な釜で焼いているそうで、ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンの限定品で他では出回っていないのだそう。

さてこの高級パン屋メゾンカイザーですがエリック・カイザーという金髪のフランス人がもともとパリで店舗展開をし日本に進出してきたのですが、よくよくWEBサイトを見てみると代表取締役はあの銀座のアンパンで有名な木村屋のご子息、木村周一郎氏でした。
ちなみにエリック・カイザーは取締役。
ホー木村屋も純和風かと思っていたらインターナショナルですね〜!

取引先に日進製粉が入っていてちょっと気になって検索してみたら2005年の8月に『エリック・カイザー氏と共同開発した業務用プレミアム小麦粉「メゾンカイザートラディショナル」新発売』とリリースされていました!
ビジネスマンですねーー。

このパンはちなみに硬いパンが多いです。
それはおそらくエリック・カイザー氏のこだわりで、『第二次大戦前のパンの製法を近代的な管理手法で再現する』ことにこだわりを持っていてるからで、確かに噛めば噛むほど味がでてきて香ばしいです。

ただ、少し前まで歯列矯正をしていまして、なんだか硬いものに対する恐怖心がまだ抜けていないのか、どうもこのパン、固すぎるような気がします。。。

ところでこれはやらせではなくて全くの偶然なのですが、このブログを書いていることをしらない家族が昨夜しこたまメゾンカイザーで固いパンを沢山買ってきました(笑)
せっかくなので偶然に感謝してパシャリ。

kayser.jpg

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパのミシェル・ブラス トーヤ ジャポンに行ったらお土産はナイフではちょっと手が出ない、と言う時はこのメゾンカイザーのパン屋がホテル入り口付近にあるのできっと喜ばれると思います!

posted by toyako at 14:24| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンのディナーその1

いよいよザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパが誇るミシェル・ブラス トーヤ ジャポンのディナーのレポートです。
といっても、なんだか食べることに一生懸命でろくな写真が残っていません。。。(スミマセン・・)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパのミシェル・ブラス トーヤ ジャポンに行こうと決めて予約を入れたのが2ヶ月くらい前だったと思いますが、2006年3月の当時はもちろんまだ北海道洞爺湖サミットの話はもちろんでていなかったのですが、それでも結構予約を取るのは大変だったみたいです。
平日の夜でしたが席は一杯でした。
入り口でフランス人の素敵なお兄さんに出迎えてもらい、お店の中に。
すでにほとんど日が暮れてしまっていたのですが、明るかったら入って右側は海、左側は洞爺湖という絶景です。
ランチにすると料理と一緒に外の景色も楽しめると思います。
ただ景色がメインなのか内装はいたってシンプル、あるいは料理がメインなのかも^^ 床に水が流れていましたが

料理はまず目を引いたのが、すずりのような真っ黒な板に乗せられた、小さいスプーンの上に一口サイズのアミューズギュールがかわいく盛り付けられています。
これはエルブジスタイルですね!
こんなに小さなスプーンなのにそれぞれ一つずつ小さな世界ができたがっていてまず感動!

あとMichel Bras TOYA Japonの看板メニューとも言われているガルグイユーというブラス氏の地元オーブラック地方に伝わる、野菜と生ハムなどを煮込んだ料理。





最初は生野菜かとおもったら、煮込みであたたかいのだけれど、新鮮さは生以上!?
これを一度たべたらどんな野菜嫌いの人でも野菜大好きになってしまうと思います!
私が行ったときは3月だったので、秋冬仕様のガルグイユーとなり、根菜と葉っぱものが主だったのですが、春夏仕様になると彩りも野菜も春っぽくてまた一味違うそうです。

んーーー、また春にでも行きたい!でもサミットの影響でおそらくさらに予約が取りづらい状況になっているのだろうな・・・。
この美味しい野菜ばかりを毎日たべていたらどんなに健康にキレイになるだろう〜、と思いをはせているうちに終了。もっと食べたい〜と思わせる量がまたにくいですね。

ミシェル・ブラス

この魚料理はエスプーマというあわのソースを使っていました。
これもエル・ブジ流ですね!
どうやらミシェル・ブラス氏はエル・ブジのシェ、アラン・フェドリア氏に随分影響をうけているようです。
アラン・フェドリア氏がエスプーマを発案したようです。
今調べてみたら『エル・ブジ流調理器具』としてこんなのも売っていました!

posted by toyako at 14:44| 洞爺のミシェル・ブラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
北海道へは国内格安航空券のエアーズゲートで空席をチェック!
往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。